引き出物の歴史について

結婚式で、披露宴に参列してくれたゲストに贈られる品物・引き出物。

引き菓子やプチギフト・その地域で決まったしきたり品など合わせて3個や5個の奇数で贈ること、飲食代の3分の1から半額程度の金額にすること、といったルールが存在します。

そんな引き出物ですが、元々は結婚式に限らず平安時代の宴会のお土産でした。

その時代のお土産は馬。それを宴会の場に引き出して見せたことから「引き出物」という名前になったのです。

室町時代に入ると貨幣が流通し始めたことから、馬は贈られなくなります。

戦国時代は武具が贈られるようになり、江戸時代に入って今でもしきたり品として贈られることも多い鰹節が入ってきたのです。

明治以降は庶民の間でも結婚式が普通となり、引き出物も一般的になります。

そして、現代に入り、バブルの前頃までは披露宴の品の一部を折り詰めにして持ち帰るという形式になりました。
ただ、衛生面にも不安が出てくるため、現代のように別で品物を用意するようになったのです。
今は、重たい荷物を持ち帰らせるのは大変だし、それぞれが本当に自分が欲しいものを手に入れられるようにとカタログギフトや実用品などが主流になっています。

それぞれの時代に合わせて、引き出物も変化していったのです。

ただ、いつの時代にも相手への感謝の気持ちが込められているのです。

結婚式には同年代の若者だけでなく上司や親戚など年配者もいます。

さまざまな年代に失礼がないようルールを守るとともに、それぞれに違った品を贈るという方法も主流になってきています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です