引き出物はセンスが問われます

結婚式での引き出物は、式の準備として実はとても大事です。

もちろん花嫁さんであれば、ドレス、内装、料理、そういったところにポイントをあててしまいがちなのですが、おもてなしということを考えますと、ご祝儀をいただいて、式にきていただいたかたへのお礼の気持ちとして、何を引き出物として出すかというのは悩みどころでもあります。最近では、カタログギフトを引き出物として選んでいる方が非常に増えています。

多くの方に喜んでもらえる物をと考えても、年齢層や環境も異なるケースもありますし、みなさん全員にニーズに合ったものを贈るというのは実はとても難しいものがあります。

しかし、カタログギフトならば、その方が欲しいものを選んでいくことができますので、その点はメリットとしてあります。

もちろん、かさばらず、二次会に行くときにも移動の際じゃまにならない、また遠方からお越しいただいている親戚の方であっても、荷物にならないというメリットもあります。
しかし、センスというところで言うならば、カタログギフトは面白みに一寸欠ける部分もあります。
しかしあまりに懲りすぎて、新郎新婦の名入りの何かを選んでしまうと、それはもういらなないという世界になってしまいますので、選び方も重要です。

引き出物と同様、引菓子というのも入れる方が多いので、引出物はカタログギフトにして、引菓子の方でセンスがあるものをチョイスするというのも、一つの手段としておすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です