引き出物は二人のセンスが現れる

引き出物は、古くは主人から送られる馬のことを指して言いました。

お客様を招待しての席での土産物をさし、現在では一般的に挙式、披露宴での感謝を形にして送る品物を指して言います。

記念品として残るものですから、二人のセンスが現れてきます。

ご祝儀やお料理にかかってくる費用などは上昇傾向にありますが、引き出物にかける予算はあまり変わってはいないようです。

予算的には一人4千円から7千円程度が目安です。

渡し方は千差万別ですが、記念の品物に菓子類を組み合わせて送るのが一般的になっています。

その場合には引き出物の品物は3千円から5千円、菓子は1千円程度になっています。

選ぶときは趣味性の強いものは避けて、年齢も性別もさまざまな出席者のどなたにも喜ばれる、最大公約数的な品物を選んでいきます。

また持ち帰る人の身になってかさばってしまうものや、重いものを避けるようにしてください。見栄えより質で選ぶことが大切になってきます。

引き出物にも流行があって昔は鍋や釜、皿あるいは時計が主流だった時代もありました。

最近人気があるのはブランド物の食器類です。
またカタログの中からセンスとこだわりで選ぶというのも賢い方法です。

会場によっては持ち込み料が必要な会場もあります。

せっかく安く抑えたと思っても、持ち込み料金と手間を考えてみるとマイナスということにもなりかねません。商品券なども使われることもありますが、結婚の記念でもあるので味気なく感じる人もいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です