引き出物に関する常識について

引き出物を選ぶ前には、知っておくべき常識や非常識があります。

自分たちがゲストのことを考えて愛情をこめて選んだものでも、常識のないものを選んでしまうと、その気持ちが十分に伝わりません。

却って嫌な気持ちにさせてしまうこともあるからです。

だからこそ、引き出物を選ぶ時には慎重に探さなくてはいけません。自分達が招待するゲストの中で、特に親しい相手や結婚式に来てくれたことへの感謝を伝えたいという気持ちから、他のゲストたちとは違ったものを選ぶことを、贈り分けと呼びます。贈り分け自体は禁止されているわけではありませんが、他のゲストがそのことを知った場合は、あまりいい気持ちはしないものです。

そこで、贈り分けをする時には同じ箱や紙袋などに入れるなど、表面上からは分からないように配慮を忘れないようにしましょう。

品物の個数は奇数にする方が縁起がいいとされています。

偶数は割り切ることができるので、結婚式の場ではあまり好まれないという点が理由です。

引き出物を贈る際に、避けるべきこともいくつかあります。
まず、刃物や重箱、緑茶は不適切です。

刃物は縁が切れることを暗示しますし、重箱はこれから結婚や離婚を何度も重ねるという意味があります。

ギフトの定番として重宝される緑茶ですが、引き出物としてはふさわしくありません。

自分たちで好きなものを選べるので、良かれと思って金券や商品券を渡すのも失礼に当たるので、カタログギフトにするのが無難です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です