多種多様になった引き出物

結婚式には欠かせない引き出物。

今では出席してくれたゲストへのお礼へのお礼や、ご祝儀のお返しとして配られています。

以前は、披露宴で振舞われた料理を手土産として持ち帰ったものを引き出物としていたようですが、衛生上の問題もあり、現在のような「結婚式の記念品」として贈呈するようになりました。

引き出物には地域差があり、その品数は割り切れない奇数がいいとされていますが、2~3品で用意する人が多く、引き出物、引菓子、縁起物で構成されています。

その相場は、披露宴で出される料理の値段の3分の1が目安とされていますが、ゲストによって「贈り分ける」のが主流です。

本来であれば記念品の意味あいが強いので、引き出物も一律で良いともされています。
しかしゲストによって好む品はそれぞれ違い、上司や親戚、友人など年齢や関係性で分け、出来るだけ多くのゲストに喜ばれる品を贈ろう、という傾向が強くなっているようです。タブーとされている贈り物もいくつかあります。(縁が)切れるということを連想させる包丁やはさみ、割れる食器類です。

ただ、近年はギフトの形態や考え方も多種多様となり、ペアグラスやマグカップ、実用性のあるキッチングッズなども選ばれるようになりました。

喜ばれるものとしては、持ち帰る際かさばらず、自分で商品を選べるカタログギフトの人気が高く、カタログギフト自体も種類が豊富になってきました。
遠方からのゲストや二次会へも参加してくれるゲストに配慮して、自宅へ届けてくれるサービスも始まっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です